クレジットカードの現金化の流れと賢く利用するために知っておくべきことまとめ

このサイトでは、クレジットカードの現金化の流れと賢く利用するために知っておくべきことをわかりやすくまとめているのが特徴となっています。
その方法には様々なものがあり、購入したものを転売する方法や、キャッシュバック方式が一般的に利用されますが、それぞれの特徴とポイントを十分に把握しておくことも重要なこととなります。
転売する場合はその方法を事前に決めておくことや、キャッシュバック方式を利用する場合には会社の選び方が重要なことなども併せて記載されており、非常にわかりやすい情報を数多く掲載しているのが特徴です。

クレジットカードの現金化の流れと賢く利用するために知っておくべきことまとめ

クレジットカードの現金化の方法は基本的にはクレジットカードのショッピング枠を利用してこれを現金するものですが、その方法によっていわゆる現金化率に違いがあることに注意をしなければなりません。
例えば商品を購入してこれを転売する場合には、その商品の選び方によって転売する際のやつが異なるため、より割合の高いものを選ぶことが重要なポイントとなります。
さらに転売先でもその金額が変わるので、この点も事前に注意をすることが必要です。
加えて、クレジットカードの限度額を十分に意識して利用することも、大切なポイントとなっています。

クレジットカードの現金化を賢く利用するには年利率の把握が不可欠

クレジットカードを現金化する場合、受け取った現金を何に使うのかしっかりと考え、得なのか損なのか、本当に必要か判断してからにしましょう。
別のカードの支払いに充てるためであればリボ払いに回した方が圧倒的に手数料も安くなります。
リボ払いの手数料は高くても18%程度ですが、例えば10万円の枠を現金化して9万円を受け取った場合、決済日次第では最短翌月払いになるため、10万円利用して1か月1万円の負担は、年利率で換算すると120%になります。
延滞したからと言って120%を超えるような手数料が発生するようなものは、法を守っている範囲内では存在しません。
もし相談することで支払日を遅らせたり分割できるような場合はそうしたほうが得ですし、クレジットカードを利用すれば支払いが将来に回されただけで問題の解決にはなりません。
負担が大きければそれだけ支払い力を圧迫し、いつか回らなくなってしまうことになるので、気を付けるようにしましょう。

クレジットカードで購入したものを転売して現金化する方法

クレジットカードを現金化したいなら、簡単に誰でもできる方法としては購入したものを転売する方法があります。
例えば、人気の商品なら購入した価格よりも高く売れることがあるので試してみてはいかがでしょうか。
ゲームやアパレルなど、プレミアがつくようなものならクレジットカードで購入してそれをフリマアプリやオークションなどにかけると買った価格よりも高く売れるケースも多いです。
もちろん、高くなくても良いならそうした方法でなくても良いですが購入した商品はきれいで新しいものの方が売りやすいので現金化したい方は転売ならスマートフォン一つで簡単に行う事が出来ます。
アカウントを作るのも簡単ですし、買ったその日に現金化は難しいですが即日落札されることも多いです。
一週間以内に現金化することもできますので、クレジットカードで買ったものを売るのは意外と簡単です。
意図せずに、結果的にそうなっている人も多いのがフリマアプリやオークションですがお勧めの方法です。

クレジットカードで商品を購入してキャッシュバックを受けて現金化する方法

クレジットカードで商品を購入し、キャッシュバックを受けることで現金化することも考えられます。
お店の種類とかそこで売られている商品によっては、値札の金額で購入すれば、例えば1割相当の金額を現金で返すといったキャンペーンというか販促を行っていることがあります。
例えば10万円の値札の商品をクレジットカードで購入した場合に、1割相当の金額がもらえるのであれば1万円となり、それは現金で自分の財布に入れることができるわけです。
言うまでもなく購入した商品も自分のものです。
一般的な現金化とは、購入した商品を即座にどこかのお店で買い取ってもらってその代金を受け取ることですが、これだけが現金を手にする方法とは限りません。
ただ、このようなキャッシュバックでは、得られるお金は商品代金に比べるとわずかなことが多いでしょう。
1割くらいが常識的なラインで、2割とか3割などになってくると破格の設定となり、5割を超えるようなことは普通はありません。

クレジットカードで購入したものを返品して現金で返金を受けることで現金化する方法

クレジットカードで購入したものを返品して現金で返金を受けることができれば現金化が達成できることになりますが、現実問題としてこれはなかなか難しいです。
通常のお店では、クレジットカード払いされた商品について返品の申し出があった場合、現金で返金することはしません。
そうではなくて、カード利用のキャンセル処理を行います。
カードを使わなかったことにされるわけです。
そうすると、利用者はカード代金の引き落としが行われない代わりに、現金を手にするようなこともできません。
購入とか返却といった煩わしいことを行った挙句、手元には何にも残らないという草臥れ儲けの状態となるわけです。
ただ、お店によっては、現金で返金をしてもらえる可能性がゼロではありません。
お店の立場から言えば、そのようなした場合はカード決済は生きていることになり、後でカード会社から代金を振り込んでもらえますので、手数料とかお金が手元に入る時期などの要素を別にすれば同じこととも言えるからです。

著者:大屋清次

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
急な出費で困ったときにクレジットカードを現金化。
その時の体験談を記事にまとめました。
カードの現金化詳細